赤ちゃんと犬が同居する上での注意点|一緒に暮らすメリットも!

赤ちゃんと犬の同居の注意点|同居するメリット

こんにちは!リンタママです。

犬や猫など、ペットを飼う上で不安になるのが「自分に赤ちゃんが生まれたとき」ではないでしょうか。

衛生環境的に問題ないのか?犬が赤ちゃんを、赤ちゃんが犬を、傷つけてしまうことはないかなど、母親にとっては大きな問題ですよね。

実際に、子どもが生まれたことをきっかけに、ペットを里子に出してしまう方もいます。

しかし、しっかり対策を考えておけば、赤ちゃんと犬の同居は可能です。

そこで今回は、赤ちゃん犬と犬が同居する上での注意点を解説します。

赤ちゃんと犬が同居する上での主な注意点

赤ちゃんと犬が同居する注意点

赤ちゃんと犬が同居する上で、主に気を付けたいのは3つです。

  • どちらかが傷つけてしまう可能性
  • 感染症
  • アレルギー

いずれかに気を付けなければ、赤ちゃんと犬を同居させるのは難しいでしょう。

それぞれの注意点を解説するので、一緒に暮らす際は気を付けてみてください。

どちらかが傷つけてしまう可能性

犬と赤ちゃんが同居する上で気を付けたいのは、どちらかが傷つけてしまうことです。

赤ちゃんは、犬を玩具のように扱ってしまう場合があります。

犬の身体を引っ張ったり叩いたりなど、犬にとってはもちろん不快です。

反対に、赤ちゃんに対してかみついたりひっかいてしまったり、犬が赤ちゃんを傷つけてしまうこともあります。

こればかりは飼い主がつねに目を離さないようにするしかありません。

まだ小さく自立していないうちは、できるだけ赤ちゃんと犬を近づけず、つねに目を離さないようにしましょう。

感染症

赤ちゃんが犬と触れ合うと、感染症になる可能性があります。

犬には、人にうつると症状を引き起こす病原体があるのです。

主なものでは、犬や猫の口腔内に潜んでいる「パスツレラ菌」があります。

パスツレラ菌は、通常犬や猫の口腔内にいる菌なので、犬に対して症状はありません。

しかし、赤ちゃんやお年寄りなど抵抗力の低い人に感染すると、肺炎や炎症を起こす可能性があります。

感染症の対策は2つ。

  • 犬の予防接種をしっかり行っておく
  • 犬と赤ちゃんを濃厚接触させない
  • 犬を清潔に保つ
  • トイレの処理は速やかに行う
  • 犬に触ったら必ず手を洗う

赤ちゃんは抵抗力が低いので、徹底した衛生管理を行いましょう。

アレルギー

赤ちゃんが犬に対してアレルギーを発症してしまう可能性もあります。

一般的に「猫アレルギー」は有名ですが、犬アレルギーは聞いたことがない方もいるかもしれません。

基本的な症状は猫アレルギーと同じで、くしゃみや咳、鼻水といった症状があらわれます。

もし犬アレルギーになってしまった場合は、以下の対策を行ってください。

  • 犬と赤ちゃんの生活スペースをわける
  • 部屋の掃除をこまめにする
  • 犬を定期的にシャンプー・ブラッシングする
  • こまめに換気を行う(空気清浄機を使用する)
  • 犬の毛が浮遊しないように抜け毛対策効果のある服を着せる

アレルギーが原因で犬を手放してしまう方もいますが、対策さえ行っておけば問題ありません。

「犬を手放す」選択ではなく「どうしたら対策できるか」を考えましょう。

赤ちゃんと犬を同居させる際に用意しておきたい

赤ちゃんと犬を同居させる際に、対策としていくつかの物を用意しておきましょう。

たとえば、犬の毛やウイルスを除去する空気清浄機や、抜け毛対策のためのブラシ、シャンプーなども用意しておくと良いですね!

【送料無料】 空気清浄機 Fullpoint フルポイント CA-F65CHW 11畳 ペット 消臭 強力 脱臭 花粉 ウイルス 対策 PM2.5 花粉 タバコ 対策 犬 猫 イヌ ネコ 小型 軽量 フィルター コンパクト 軽い ホワイト 家庭用 11畳用 新生活 家電 生活家電

価格:14,080円
(2021/9/3 18:44時点)
感想(12件)

ペット用ブラシ 抜け毛取り 毛取りコーム マッサージ ブラッシング ペット用品 ペットお手入れ 犬 猫 ペット ブラシ グルーミンググローブ付!

価格:1,680円
(2021/9/3 18:48時点)
感想(192件)

犬 ペット シャンプー かゆみ 無添加 アレルギー性皮膚炎 低刺激 植物由来100% ロッティシャンプー290ml(ロッティオイル5mlプレゼント) 送料無料

価格:2,915円
(2021/9/3 18:51時点)
感想(211件)

また、犬のストレスを溜めないように、満足する玩具を与えることも大事です。

赤ちゃんと犬との生活スペースを区切った場合、どうしても赤ちゃんと一緒にいる時間が長くなってしまい、犬がストレスを溜めてしまいます。

そのストレスが赤ちゃんに向いてしまうこともあるので、犬を飽きさせないようにしてあげましょう。



赤ちゃんと犬が同居するメリット

赤ちゃんと犬が同居するメリット

赤ちゃんと犬を同居させることは、デメリットばかりではありません。

犬や猫などのペットを飼うと、子どもの心に良い影響があると言われています。

犬・猫の保険を扱う「アイペット損害保険」が「ペットは子どもにどのような影響を与えましたか?」というアンケートを行った結果では、以下のようになりました。

  • 思いやりの心を持つようになった……51.3%
  • 動物が好きになった……43.6%
  • 命の大切さを理解できるようになった……43.5%
  • 感受性が豊かになった……31.9%
  • 責任感を持つようになった……28.5%
  • 相手への気遣いができるようになった……23.5%
  • 自発的に行動ができるようになった……12.4%
  • 社交性やコミュニケーション力が身についた……12.3%
  • 変化はなかった……10.7%
  • その他……1.6%

参考元:ペットと子どもに関する調査

子どもの心に良い影響を与えていると考えている方は、半数以上です。

人としての成長を考える上で、犬を飼うことは大きなメリットになります。

また、ある研究では「犬と暮らしているとアレルギーになる確率が低くなる」という研究結果もあるようです(参照:日本皮膚科学会ガイドライン)。

赤ちゃんも犬も上手に安全に育てていきましょう

赤ちゃんも犬も上手に安全に育てていきましょう

赤ちゃんと犬を安全に同居させるために、注意点やデメリットを知っておきましょう。

注意点やデメリットがわかれば、事前にいくつかの対策が立てられます。

対策を考えずに「犬を手放す」選択は、犬にとって酷です。

まず「どのような対策ができるか?」からぜひ考えてみてください。

 

ということで……今回はリンタがお家で元気に遊んでいる姿です!

ぜひ犬との暮らしを安心して楽しみましょう!

 

 

シェアよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA