飽きない【ブッチ】食べないを解決した生肉タイプのドッグフードのおすすめ

こんにちは リンタママです!

「ブッチ」はうちのワンちゃんがドライフードを食べなくなって困った!を解決してくれたドッグフードです。

生肉タイプで毎回あっという間に食べ尽くしてしまう、食べ続けても飽きないドッグフードフードです。

食いつきが良さそうなウエットフードに関心がある方や、美味しさと栄養バランスの両方を兼ね備えたドッグフードを探している飼い主さんにおすすめします。ただ品質が良いので「ブッチ」の価格は少しお高めなのですが、ドライフードと混ぜてあげる使い方と保存方法をご紹介します。

ドライフードをもっと美味しそうに食べてもらいたい飼い主さんにも試してもらいたいです。


無添加ドッグフード『ブッチ』とは?

ブッチは生タイプのドッグフードでパピーからシニア犬まで、全ての年齢ステージに対応している総合栄養食です。

ブッチが大切にしていること

  • 無添加へのこだわり
  • 犬の栄養バランスが考え抜かれている
  • 飽きない食いつきの良さを実現
  • ヒューマングレードの原材料を使用している
  • 犬の健康に欠かせない必須脂肪酸のバランスが良い

一般的なドッグフードは「美味しい」「健康」の、どちらか一方に偏っている場合がほとんどです。「美味しい」に偏ると肥満気味になってしまったり、「健康」に偏ると食いつきが悪く餌を食べなくなってしまったりと、なかなかバランスを保つのは難しいのです。

しかし、「ブッチ」はどちらも考えて作られたドッグフードとなっており肉本来の水分含有量と必須栄養素をギュッと凝縮し、美味しく健康なドッグフードとなっています

以下で、ブッチのこだわりを紹介します!

無添加へのこだわり

「ブッチ」はとても美味いですが、人工的な調味料や保存料を一切使っていない無添加のドッグフードです。

独自の調理法で、お肉の味も匂いもそのまま残しています。

さらに、アレルギーの原因になりうる小麦・グルテン・イースト・エトキシキン・プロピレン・グリコール等の成分は一切含んでいないので、アレルギーのある犬でも安心。

砂糖も使用していないので、肥満気味の犬にもおすすめです。

栄養バランス

ブッチは、より生肉に近いものとして、栄養バランスが考え抜かれています。

そもそも犬は肉食動物なので、生肉に近い高タンパク質の食事が必要なのです。

そのため「ブッチ」は、生肉とほぼ同じ約70%の水分含有度を目指しました。

さらに、原材料に対する肉類の割合は最大92%!

肉だけでは得られない栄養素もバランスよく含まれているので、犬の食いつき、栄養バランスともに、優れていると言えるのです。

食いつきの良さ

犬が餌を食べてくれない原因の多くは、水分の量の少ないドライフードです。

ドライフードは、高熱で加熱処理をしているため、栄養素も匂いも失われやすく、犬の食欲を減退させてしまいます。

しかし「ブッチ」は素材の自然な栄養素を残した生肉タイプのウェットフードです。

素材の風味を活かした生肉に近いフードにすることで食いつきの良さも実現しました。

安全へのこだわり

「ブッチ」で使用されている原材料は、すべてニュージーランド産で、安全なものを使用しています。

安全であるといえる理由は、ニュージーランドは環境規制が世界一厳しいと言われているためです。

さらに、ブッチ社では、ニュージーランドの第一次産業省による厳格な検査をクリアした生産農家から供給される新鮮な原材料のみを使用しています。

原材料納入後、その日のうちに製品化されているので、新鮮なままの安全なフードになっているのです。

犬の元気を作る必須脂肪酸

ブッチには、犬の元気を作ると言われている必須脂肪酸も含まれています。

脂肪酸は、犬の健康に欠かせない栄養素の一つです。

しかし、必須脂肪酸は体内で生成できないため、食事から摂取しなければいけません。

そこで、ブッチでは、オメガ3とオメガ6を配合。

  • オメガ3……EPAやDHAの含有量の高い、人間用と同じ品質の魚油。
  • オメガ6……素材由来の食材に含まれる油

普段のドッグフードでは十分に与えられない必須脂肪酸ですが、「ブッチ」ならバランスよく与えられます。

『ブッチ』を買ったきっかけ

ブッチに大喜びしているワンちゃんを見た

我が家でブッチをあげたきっかけは、それまでのドッグフードを食べなくなったからです。

愛犬が1歳になる少し前から、カリカリタイプのドッグフードを食べなくなってきました。

元々食べ飽きないように色んなフードを選んであげていたのですが、試したドライフードはどれもあまり食べなくて効果がみえませんでした。

お腹はすいているので仕方なく、少しずつドライフードを食べるという状態でした。

ご飯を食べなくなってしまった愛犬の姿を見るのはとても切ないですよね。

そこで「ご飯を喜んで食べられるように何とか解決したい」と考え始めました。

ちょうど1歳の誕生日プレゼントを考えていた時で、いろんなワンちゃんのYouTubeを見ていた時、初めて「ブッチ」を見ました。オシャレなデザインのパッケージで、形は巨大なハムのようで、最初は見た目に心奪われました笑

そして何より、YouTubeの中のワンちゃんはとても美味しそうに「ブッチ」を食べてました。

今まで試したことのない生タイプのウエットフードでしたが、調べてみると

無添加でグルテンフリー、原材料の多くがお肉でワンちゃんへの栄養バランスも考えられており

美味しそうで体にも良さそうだだったので、1歳のお誕生日プレゼントは「ブッチ」に決めました。

とは言え、喜んで食べてくれるのか不安だったので、最初は3千円で購入できるトライアルセットを試してみることにしました……。

ドッグフード 初回特別トライアルセット

ブッチを与えた結果、最初からリンタはとても嬉しそうにドッグフードを食べるようになりました!

動画は食べ終わっても、名残惜しそうにお皿を舐めつくすリンタです(笑)。

当時はこんな風に最後までご飯を食べてくれるのは久しぶりで、感動すら覚えました。

低カロリーなので太らない!

うちのリンタは獣医師の先生から太りやすいタイプです。と言われていて、さらに

「去勢手術後はもっと太りやすくなるので、気を付けて下さい。なるべくローカロリーのフードをたくさん食べさせてあげて下さい。」とアドバイスを受けています。

このように言われていると「ブッチはあまりに食いつきが良いので、あまり食欲をそそり過ぎるのも不安になってしまいやはり肥満についても心配になりましたが

「ブッチは水分量も多いので見た目も多く、カロリーも低いのでたくさん食べられるので太りにくいドッグフードです。

こちらがリンタ(体重約5キロ)の1日の半分の食事量です。

目安として1日の供与量は272グラムでカロリーは315カロリーと、とてもヘルシーです。(食事は、現在1日2回なので写真は1回分の食事量です。こちらで約136グラムで約157カロリーと低カロリーです)

 

この食器は早食い防止用で、中に凹凸があるカサマシタイプなので余計にボリューム感がでます。

ドギーマン ゆっくりデコボコ食器 S 【犬 食器 早食い防止/犬の食器/犬用食器/フードボウル】【犬用品/ペット・ペットグッズ/ペット用品】

価格:733円
(2021/10/15 12:21時点)

 

飼い主もたくさんご飯をあげられるという気持ちになれますし、高さも出るのでお肉ゴロゴロ感が良く見えてワンちゃんも大喜びです。

こちらが1日当りの体重別の給与量の目安です。

小型犬/5kgの1日の供与量は272グラムですが、今回はパッケージのメモリの250グラムでご紹介します。このメモリのお蔭でとても切りやすいですよ。

 

250グラムの一塊はこれくらいです。

 

また、水分量が多い食事は歯と歯茎の間にフードが残りづらくなります。歯垢の蓄積を防げるので犬の歯の健康にも良いそうなのでシニア犬にも安心してあげられそうです。

「太らず量も多く歯にも良い」これだけメリットがあるなら、最初から「ブッチ」を与えていればよかったなぁ……なんて思いました。

我が家のブッチ保管方法

ブッチはウェットフードなので、保管方法も重要ですが、冷蔵保存が面倒だなと思われる方もいますよね。私もそう思っていましたが、特性フレッシュキャップを使えば冷蔵保存が簡単に出来ます。

特性フレッシュキャップトライアルセットの特典なので、こちらも使ってみてください。

保存期間は開封してから冷蔵で10日以内ですが、冷凍保存をすることも可能です。

うちは3種類を少しずつ順番に分けて食べてもらいたいので切り分けた後に冷凍保存もしています。

そこで、うちの「ブッチの保存方法を紹介します。

  1. ブッチは水分量が多いので、まな板の上にキッチンペーパーを敷いておく。手が濡れても作業しやすいように手が届く所にキッチンバサミを置いておくと便利です。
  2. メモリ単位でフィルムの上から包丁で切る(切りやすいようにメモリがついています)。まな板の上で最後まで切れない時はハサミで切る。冷凍庫の中でも分かりやすいように、なるべくフィルムが残る状態にしておくと良し。最後の下の部分は無理に包丁で切ろうとせずにハサミで切った方が綺麗な状態でカットできます。
  3. うちは250グラムずつ切り分けています。だいたいリンタの1日分の量ですが(ブッチ100%にした場合)この塊を細かく刻むとボリュームが出て見た目もすごいです。
  4. 冷凍保存用です。この後ジプロックに入れて冷凍庫へ。
  5. 10日以内に食べきる冷蔵保存用です。メモリで切っているので細かく砕いていても分かりやすいです。

ブッチトライアルセットなら安く購入できる!

「ブッチ」はドッグフードのなかでは高い部類に入ります。

いくら良いドッグフードと言えど、高額なドッグフードを食べてくれなかったら……と考えると購入するのも少し心配ですよね。

ただ、ブッチは初回特別トライアルセットとして、3,000円で購入できます!

しかも、3種類それぞれ1本(800グラム)ずつ送られてくるので、全ての味を試すことが出来ます。

「ブッチ」は3種類の味があります。

肉とお魚がバランスよく配合され必須アミノ酸が強化されているのでワンちゃん・ネコちゃん両方に食べてもらえます】

うちのリンタはどのタイプも喜びますが、どちらかと言えばお肉が多めのブラックレーベルとホワイトレーベルを好みます。

ブルーレーベルはキャットフードでもあるので、ワンちゃんとネコちゃん両方いるご家庭でも使えます。お魚も食べて欲しいですしね。

3種類の味を変えてあげられるのも、飽きずに食べてくれる理由の一つだと思います。

下の動画はうちのリンタ君が初めて「ブッチ」を見た時です。まだ味を知らないので段ボールを噛みに行きました(笑)

クール便で届くので、この後直ぐに冷蔵庫で保管しました。

 

『ブッチ』が待ちきれないリンタとブラックレーベルの断面図です!

トライアルセットは喜んで3種類を完食。

うちは「ブッチ」とカリカリフードと混ぜたご飯にしてあげても喜んで完食したので、迷わず「ブッチ」の継続をすることに決めました。2か月に一度の定期購入することにしましたが間隔は後からでも調整可能です。

1本が2キロの3種類(合わせて6キロ)の定期コースで7,722円です。1カ月で3,800円くらいです。

うちの子がご飯を喜んで食べて健康でいてくれるのでしたら割高でもありませんし、コースの変更も可能なので、むしろコスパも良いなと思いました。

2か月に一度、2キロの「ブッチ」3本が計6キロが届くようになりましたが、やはりワンちゃんはウエットタイプのご飯が大好きだぁと実感しています。

特製フレッシュキャップが特典でついてくる

「ブッチ」は1度に食べきりのウエットフードでは無くて、カットして保存するタイプのウエットフードなので管理や保存は面倒だなと最初は思っていました。

でも、その悩みは特製フレッシュキャップを使って解決しました。必要量をカットして、切断面に被せるだけなので簡単に保存が出来るのです。

特製フレッシュキャップはトライアルセットの特典で付いてくるのでウエットフードの保存にお役立てください。

こちらが特性フレッシュキャップの表面です。

裏の写真ですが引っかかる部分があるのが分かりますでしょうか?

フィルムタイプでゴミが少ないため、後片付けも楽チンです!
管理・保存もカンタン♪

ドッグフード 初回特別トライアルセット

ブッチを食べない犬もいる?ブッチの評判

なかにはブッチを食べない犬もいるそうです。

ワンちゃんにも好き嫌いはあるので、食べる犬と食べない犬がいるのは当然と言えば当然ですよね。

ただ、調べてみると、どちらかというとブッチを喜んで食べている犬の方が多いです。

ワンちゃんによってどうしても好みはありますが、基本的に食いつきは良いという評判が多いです。

不安な方にはトライアルがおすすめです。



ドライフードとブッチを混ぜて食べさせてみた感想

「ブッチ」をドッグフードにしてから、こんなに毎回喜んでくれるとは正直思っていませんでした。

うちは「ブッチ」とドライフードを合わせてあげることが多いです。ドライフードに「ブッチ」をよく混ぜて、全体に味がなじむようにしてあげた方が喜んで食べます。

お散歩や遊びの量を増やしてお腹をすかせると、ドライフードを混ぜても喜んで完食してくれますが、そういうところは人間の子供と一緒だなぁと思えて微笑ましいです。

たまに何かのご褒美で100%「ブッチ」のご飯のときもありますが、その時のリンタの喜び方はすごいので、やっぱり美味しいんだなと思います。

冷凍保存で長期保存が出来るのドライフードフードの上にトッピングとして「ブッチ」を使われている方もいるそうです。

私のように愛犬がドッグフードを食べなくなってしまい困っている方や、体に良くて美味しいドッグフードを探している方は、まずはトライアルセットがおすすめです。



シェアよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA