アラフォー主婦【自分磨き】半年でオンライン英語スタディサプリでTOEIC265点アップ☆初心者からのスタート☆part3

こんにちは リンタママです!

このブログでは人生折り返し地点を過ぎてからの初挑戦で

楽しいことを増やす方法をお伝えさせてもらっています。

今回は英語学習の新定番! スタディサプリENGLISHを使って

半年間でTOEIC265点アップした勉強法をお伝えします。



使って良かったスタディサプリENGLISHパーソナルコーチプラン

後からも役立つチャット機能

今回はスタディサプリENGLISHを使ってどんな学習をしたかを

具体的にお伝えしていきますが、私の経験は2年程前なので

今は変わっている点があるかもしれません。

スタディサプリENGLISHのパーソナルプランにはチャット機能がついています。

コーチ利用期間終了後はテキストや画像を送信することはできませんが、

閲覧可能です。

なのでこのチャットに自分が分からないことを書いて

質問していき解答をもらえば

後からでも自分がつまづいた所が分かるので復習に使うこともできます。

自分だけのオリジナル参考書が出来ますし、私はたまに自分のがんばった思い出として読むこともあります。

自分に合わせた課題が出される

私は以前にTOEICを受けていたのでその結果

リスニングが215点

リーディングが180点 合計395点。

とお伝えしましたが、その後模試も受けて現状を把握して

目標に合わせた課題が毎週コーチから出されます。

効率的なスケジュールが組める

  • 自分に合ったの学習法がわからない!➡最初にやるべきことを教えてもらえます!
  • TOEICの試験までに何をすればいいの?          ➡逆算してスケジュールを組みます。
  • 忙しい毎日、どこで時間を確保する? ➡隙間時間は意外にあります。意識を変えるとが一番大切なとですが、分かっていても自分だけでは難しかったりするのでこのパーソナルコーチプランに助けられました。
  • 色々試したけど、どれも効かなかった ➡効果の出る学習方法があります。

学習の進め方

具体的な勉強方法が分かる

目標に合わせた具体的な学習プランを教えてもらいます。

スタディサプリENGLISHのアプリには様々な学習機能がありますし

単語学習・リスニング・文法・長文など、どれもTOEIC対策に特化しています。

そして、どの機能を使っても楽しいのです!

なぜなら、短い時間学習出来るので小さな達成感が簡単に味わえるからです。

そして日々の小さな達成感はアラフォーの私には充実感が手軽に感じられて良い時間が過ごせました。

TOEIC試験までの過ごし方

私は半年コースでTOEICを受けて、その結果をコーチと共有できる日程にしました。

その日程にコーチが逆算して私のやるべき学習方法を教えてくれるわけですね。

実際 私が決めていた試験の日の申込みはそろそろですよ!なども

教えてくれたのはコーチでした。

真面目に学習するようになったのは良かったのですが、今度はやればやるほど自分の実力の無さも分かるようになってきて

TOEICは基本 1か月に1度試験がありますから、試験を1か月延期しようかな。と試験を受けることに少し消極的になってました。

でもまずは受けることが大切です!!と私を前向きな軌道にのせてくれた

本当に心強いコーチでした。

勉強時間の確保

今までの日常を変えるわけですから、勉強する習慣が無かった私なのでここが誰もが一番難しいところでした。

勉強っていつしたら良いのでしょうか?それさえも分からない状態でした。痛過ぎます。

コーチはそんな状況を知っても

私にとって正しいやり方を見つけ出して、学習にきちんと時間を投じていけば

英語力は必ず向上していきます。とアドバイスをもらいました。

こんな優しいメッセージをもらって やらないわけにはいきません。

そして 言われたことを、やっていないと直ぐにバレるでしょう。

私を前向きにしてくれるコーチを裏切りたくはない!という気持ちも自然に沸いてくるので

こうやって自分を追い込むのも有りかもしれないですね!!

さらにコーチからは

この半年間は時間の天引きです。時間を先に確保して下さい。

ただし最初はあまり無理しない範囲で。とも言われました。

恥ずかしい話ですが、私はまずつけっぱなしになっていたテレビを消すとか、

あと20年以上前からテニスが趣味で週に2回~3回していましたのですが、大切にしていた趣味の時間も少しだけ削ることにしました。好きで続けている趣味ですが長年やっていての習慣化していた所もあり思い切って削ってみたのは、TOEIC後の時間の使い方が広がって新しいいことの挑戦出来るようになったと思います。体を動かす趣味は私達世代に必要なことですが、テニスもやり過ぎは体を痛めることもあって違うことも始めてみたいと思ってTOEICを選んだということもあります。

仕事は週に3日ほどしていたので、通勤時間の電車の中でスタディサプリのアプリを使うなどで、合わせて毎日1~2時間を確保しました。6か月プログラムの中で全然出来なかった日もありますし、3時間を超えた日もありました。アプリも3分あれば一つ出来たりするので隙間時間も有効に使えました。アプリの学習時間は積み重ねがアプリの中で見えるので、可視化されるのもモチベーション維持にはとても役立ちました。

あまり負荷をかけずに毎日の習慣にすることが大切なのでしょうが、実際 学習を始めると

アプリの内容が楽しいので自然と集中できて学習時間が自然と長くなった感じでした。

TOEICは合否のテストではなくて、自分が受けた点数が出ます。それが自分がこの英語の試験を受けた理由でこの 「スタディサプリENGLISH」の『TOEIC(R)対策 パーソナルコーチプラン』  で正しい方向でがんばればがんばるほど点数が上がると思えたことも大きいですね。

このアプリは面白いので、ついつい自分が楽しかったり、少し得意なパートばかりをやってしまったりしますが、TOEICは試験なので時間配分とか、試験を受ける技術のようなことがあります。自分一人でそこまで分かるようになるにはかなりの時間が必要だったと思うでの正しい方向でがんばることはとても大切だと思います。

技術的なこと、テクニックというと英語力とは関係なさそうですが、本来TOEICは英語で仕事が出来るかを問うものです。素早く読む。余計な印を付けて時間を取らない。分からないことは素早く前後で判断する。もしくはすっ飛ばして後回しにする。(理解出来る所の情報を素早く取る)というやり方がTOEICを通じて問われる外国語の仕事の要領だとコーチに教えてもらいました笑

私の選んだ半年プランの中でそろそろ長文をやりましょうとか、時間のペースをはかって模試を受けて下さい。とか、この部分にはこれくらいの時間が目安です。模試をやろうとすると2時間以上集中出来る環境作りがまず必要になるのでコーチに模試をやって下さい。と言われないと私なら中々やらず試験間際に今までアプリで勉強はしていたし、後はぶっつけ本番でがんばろう!なんて自分になっていたかもしれないなと思い恐ろしいです。

まとめ

本日お伝えすることをまとめると「スタディサプリENGLISH」の『TOEIC(R)対策 パーソナルコーチプラン』は

言われたことをとにかくやっていくだけなので前回独学で 色々試したけど 点数が低かった

という状態から抜け出せたのだと思います。

初めてTOEICに挑戦される方は余計な回り道をしなくて良いのでとても効率的だと思いますし、

やはりもう少しスコアアップした点数が欲しいという方にもおすすめします。

私も昔は分厚い参考書を買って、一ページずつめくって

そのうち直ぐに挫折したこともありますし、色んな無料のアプリを使って管理しきれなかったり、これが本当にTOEICのスコアアップにつながるのだろかと思ったり

他にもいろいろ失敗はあります。

たくさんの学習法があるので色々と調べてみて、自分に合った学習法を見つけられることが

一番だと思いますが

私がスタディサプリを一番おススメするのはアラフォーのメンタルに嬉しい小さな達成感が

学習している半年の期間中に感じられたことですね。自分の事で頑張ったのは久しぶりだったので本当じ良い時間でした。

とにかくTOEICで良い点数が欲しい!という方にもおすすめします。

私でも出来たので大丈夫です。一度 試してみませんか?

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

※7日間無料でお試しできます

シェアよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA